ロハス(LOHAS)な失敗:自転車編

ロハス(LOHAS)失敗記

歩くよりずっと早くて、
化石燃料を燃やさず動く自転車は
ロハスな乗り物。手(チョキ)
大枚はたいてロードレーサーやクロスバイクも買ったけど、
仕事で疲れ気味の昨今、
スポーツ自転車は倉の中、駐車場
出番はママチャリばっかりだ。

雨の日も風の日も、
荷物がたとえ三つあろうとも、
ママチャリで全速力の日々。ダッシュ(走り出すさま)

その甲斐あってか(なくってか)、
15年を経て、ママチャリはボロボロになった。
まず勝手にライトが故障し、
次にペダルが落ちて、
ハンドルがねじれた。
それよりもなによりも
さびさびの見た目が酷い。

で、考えた。ひらめき
ペンキ塗りなおし。
だが、
ここで問題発生。
何の手入れもせず乗り続けたママチャリは
まずは掃除が必要。
その上で、さび取り
(そういえば雨の日はいつもジーンズのすそが茶色く染まっているのは、
自転車のせいだったんだ)。
それからチェーンやブレーキなどのメンテナンス。
よく見ればチューブに溝はないではないか。

・・てなことで、
整備せず酷使し続けたママチャリ。
ペンキ塗り直しまで、
はるかな道のりとなった。
その覚悟を決めたのもつかの間。
重ねて
問題発生。

知り合いのお巡りさんが一言。
「変に塗りなおした自転車は盗難車だと思われるぞー」・・・。

でも、愛着あるママチャリ、
捨てられない。
とりあえず、
ズボンのすそをまくって乗り続ける日々・・あせあせ(飛び散る汗)

・・あぁ〜、ロハスの道は遠いよ〜。ふらふら




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:33 | ロハスつれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。