ロハス(LOHAS)な失敗:掃除

ロハス(LOHAS)失敗記

掃除は心も体も健康にするロハス的な行いだと思ってる。家
でも、
やってもやっても次の日はどこかしら埃がたまる家の中で、
掃除に追われて気忙しくなるより、
出来る範囲で掃除をして
自分の時間を確保する生活が気に入っていた。るんるん
だから、
掃除は必要になったら実施する。
その必要性を図る物差しは、
視覚と触覚だ。目手(パー)
その物差しを使うと
冬は比較的長時間猶予期間があるのだが、
はだしになる夏になると、
途端にその期間は短くなる。バッド(下向き矢印)
見た目は我慢できても、
足の裏に付く埃や糸くずが気になるからだ。たらーっ(汗)
その上、
風のある日は思いっきり窓を開けて風を通すと、
結構いろんなものが家に入ってくる。ダッシュ(走り出すさま)
仕方ないので、
夏の間は毎日、
ちょっとずつ掃除をすることにした。exclamation

月曜日は頭から上の場所(天井や壁ってこと).
火曜日は腰まで(サイドボードや本棚、机の上など)。
水曜日は腰から下(椅子やソファーなんか)。
木曜日は床で、
金曜日は水周り。
土曜日はキッチン。
そして日曜日は玄関ってことにした。
部屋はきれいになるし、
なんだかいい主婦になった気がして、
気分もよくなるし、
いいこと尽くめと、悦に入っていたら、わーい(嬉しい顔)
問題発生。がく〜(落胆した顔)
アパートの下の住人からクレーム。

・・朝早くから夜遅くまで毎日家にいない生活者が
この掃除をこなす時間は、
夜中か早朝だ。
掃除は結構音が出て、
うるさいし、
埃は立つし、
同居人ならおちおち寝てられない。
それに、
たまりにたまった脂肪燃焼を企てた
独自のお掃除エキササイズが悪かったか・・?あせあせ(飛び散る汗)

・・あぁ〜、ロハスの道は遠いよ〜ふらふら



ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:35 | ロハスつれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。