フィリピン・パヤタスで起きた「ごみ山崩落事故」から6年

ロハスな情報

◆◆◆◆◆◆ 仲間がこんなことをやってます ◆◆◆◆◆◆


7月8日(土)にパヤタスのごみ山崩落事故から6年目の追悼イベントを
行います。他の団体では撮ることのできない、現地の最新情報を
映像で流したり、ICANとパヤタスの住民の人たちとが共に歩んできた
過去6年間を振り返るイベントです。ぜひご参加ください!

-----------------------------------------------------
フィリピン・パヤタスで起きた「ごみ山崩落事故」から6年

〜 映像で見るフィリピン 〜

http://www.ican.or.jp/disaster_in_payatas.html
-----------------------------------------------------

2000年7月10日、パヤタスのごみ山が崩落し、多くの住民が生き
埋めになり、230名以上の命と多くの家族、家々を失う忌まわしい
災害が発生しました。それから過去6年間、ICANは住民の人たちと
共に考え、歩んできました。
あの崩落事故から私達はどのような教訓を得たのでしょうか。
今回のイベントを通して、より多くの方に、日本から数時間で行ける
場所には、今でもごみ山で暮らす住民がいるという現実を知って
いただきたいと思っております。
そして「私にできること」を考えてみませんか。

会場ではパヤタスのお母さん達が作ったフェアトレード商品
の展示や、パヤタスの写真展を行います。


+日 時  2006年7月8日(土)18:30〜21:00
+参加費 先行予約 800円/当日 1,000円
+会 場  なごやボランティアNPOセンター 第一研修室
       名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階
+申 込  FAX・・・052-582-2244  
       Eメール・・info@ican.or.jp

【特典】
・先行予約をしていただいた方には
 ICANオリジナル「パヤタスポストカード」をプレゼント!!
・事故発生時の様子や新聞記事、現在の状況などをまとめた
 過去6年間を振り返る報告書をプレゼント!!

*諸費用を引いた全額をパヤタスのコミュニティケアセンター
  改築に使用させていただきます。

*どなたでも参加できますので、
  ご不明な点は下記までお気軽にお問い合わせください。


◆◇主催・お問い合わせ◇◆
(特活)アジア日本相互交流センター(ICAN)
電話&FAX : 052-582-2244  
Eメール:info@ican.or.jp HP: http://www.ican.or.jp/

・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・
パヤタス地区にある「ごみ山」
http://www.ican.or.jp/payatas.html 

80年代にケソン市にあったコミュニティ(不法居住地)で立ち退きに
遭った多くの人々が、再定住地先としてパヤタスに連れてこられました。
その後、隣接した場所にもごみ処分場ができ、毎日1500台もの
トラックがごみを運びいれ、悪臭や汚染などが住民の生活環境の
悪化をもたらしています。そのゴミ捨て場の周辺には約1万人の低所
得者層が居住しており、住民の2〜3割はごみ処分場で拾った
リサイクルできるものを換金することで生計を立てています。
・−・−・−・−・−・−・− ・−・−・−・−・−・−・− ・−・−


アジア日本相互交流センター(ICAN)
奥村祥子





ロハス(LOHAS)の入り口へ〜


posted by toko at 23:27 | イベント・講座情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。