ロハス(LOHAS)失敗記:お米

ロハス(LOHAS)失敗記



一日に一度はご飯が食べたい。レストラン
日本人に生まれてよかったと思えるほど、お米が大好きだ。手(チョキ)
だからお米にこだわってきた。
この頃は特別栽培米無農薬無化学肥料栽培のこしひかりに
発芽玄米をブレンドし、
アンデスのアマランサスと天然粉寒天を加えている。
ちょっと固めに炊くと、これが美味しい。ひらめき

梅雨の真っ盛り、一月あまり、
ひどい風邪でダウンした。ちっ(怒った顔)
満足に炊事ができない。
その後、
熱は下がり、体のだるさもとれたのに、
・・なんだか、一向に咳が収まらない。がく〜(落胆した顔)
そうこうしていたら、
喘息発作に見舞われた。バッド(下向き矢印)もうやだ〜(悲しい顔)
病院を受診すると、
なんとアレルギーを悪化させたそのアレルゲンは
お米につく害虫ノシメマダラメイガだった。

気が付けば、
そういえば小さな蛾がいっぱい飛んでいた。あせあせ(飛び散る汗)
その小さな蛾は
しばらく寝込んでいるうちに
美味しいお米に巣くっていて、
しっかり繁殖していたのだ。たらーっ(汗)
(いいお米は蛾にもやっぱり美味しかったのね)
食の中でも一番気を使っていたお米だから、
お米はそんなに簡単に捨てられない。
唐辛子と米びつ先生を新しくして、
幼虫をしっかりといで取り除き、
目に付く蛾は、
咳をしながら退治する日々・・。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

あぁ〜、ロハスの道は遠いよ〜ふらふら

(静岡のtokoちゃん)




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 12:13 | ロハスつれづれ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。