中学校のサッカー部の監督

ロハス(LOHAS)なつれづれ


私の秘密を話します。

いまサッカーのワールドカップが盛り上がってきていますが、
じつは、私はサッカーについてはすごいのです。

むかしむかし、中学校の教員だったとき、何とサッカー部の監
督として、全国大会に出場し、大宮のサッカー場に行ったこと
があるのです。

市の大会で勝ち、地区の大会で勝ち、県の大会で勝ち、東海大
会で勝手、やっと全国大会ですからね。

この年は大変な夏でした。

中学校のサッカー部の監督として全国大会に出場したのはそれ
だけでもすごいのですが、もっとすごいことがあります。

それは、監督の私がサッカーのど素人で、何と当時、オフサイ
ドの意味を知りませんでした。

オフサイドも知らない監督が率いているチームが全国大会にい
ったのです。

一番困ったのが、試合の時に負けると負けたチームの監督は次
の試合の審判をやらないといけないということでした。

これには参りました。

とにかく必死にやっていたのですが、あまりにひどいジャッジ
に途中で審判を交代させられたという、前代未門の大恥をかい
たことがあります。

ジャンジャン。

(でも、サッカーは好きですよ。奥の深さは嫌っていうほど、
体験しましたから。)








ロハス(LOHAS)の入り口へ〜


posted by toko at 20:56 | ロハスな働き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。