究極の冷暖房省エネシステム

究極の冷暖房省エネシステムを発見!

@D2.JPG

*空気が上にでているために、紙風船が浮いています。

これこそ、冷暖房の究極の省エネだと思いました。
風速0.3mのゆったりとした風が体に優しい温度分布を作りだします。

部屋の上下の空気を対流させる、それが省エネになることは誰でもわかります。

しかし、そのときの空気の流れ方と対流の速さがとても大切なのです。

・冬に体験したときに、装置のスイッチを入れて5〜10分すると、顔のほてりがなくなり、足元の寒さがなくなって、とても快適な空間になりました。

これには驚きました。


すごい!
posted by toko at 05:25 | 省エネ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。