ぶっつけ本番(日本一の営業マン)

ロハス(LOHAS)な仕事


サッカーのテレビを見ていて、選手たちのインタビューとか解
説者のコメントを聞いていてその話が「もう、勝つしか
ないです。」とか「やるだけです。」という精神的なコメント
ばかりが後半は目立つようになってきました。

最後の最後まで、戦術の打ち合わせは必要なんでしょうが、も
っと大切なことは、「臨機応変」に対応できる能力ではないか
と思うのです。

言葉を変えると「準備なしで、ぶっつけ本番で発揮できる力」
のことです。

私は、これは訓練で養うことができると思っています。
ぶっつけ本番に対応する能力と、選手どうしのコミュニケーシ
ョンにより、ぶっつけ本番に強いチームができるのです。

(もと、全国中学校サッカー大会全国大会出場いんちき監督の
コメントですから、てきとうに聞いてください。)

この考えですると、試合前日は何もしないでのんびりっていう
のは有効なんですね。
頭を空にするわけです。

頭を空にする???

なんか瞑想の世界ですね。

昨日の続きです。

ぶっつけ本番に強いというのは、先日おこなった「日本一の営
業マンの講座」の、講師の船橋さんも言ってました。

船橋さんは、顧客の事務所に入って、相手が自分の前に座るま
では、どんように話すかと何も一切考えないそうです。
そして、相手が目の前に座ってから、営業モードに頭を切り替
えるのだそうです。

そのほうが、会う前からいらぬ緊張をしないですむからいいと
いうのです。

これってわかりますね。
私も似たところがります。
私は事前の準備はきちんとやるタイプですが、最後はぶっつけ
本番がいいと思っているです。

事前準備と全くちがう流れになっても全く気にしません。
大切なのはその場の雰囲気をつかんでどう対応するかですよね。

サッカーと営業とは、なんかその極意は似てますね。


日本一の営業マンだった船橋さんの話の続きです。

船橋さんは、クレジット会社で日本一の実績をもっていたのに
辞めてしまったんです。

そのとき、16社からこっちにこないかとオファーがあった
そうで、中には年収3000万円の話もあったそうですが、そ
れをけってしまったそうです。

え〜、3000万円ですよ。
よだれが出る話ですよね。

結局、イベントの会社に入ってまたまたすごい実績を残したの
です。
その武勇伝は聞いていてあきないですね。
こんな面白い話を自分だけ聞いていてはもったいないと思い講
座にしたのです。

もっといろいろなところで、この講座をやりたいと思っていま
す。


今週は、日本一の営業マンの船橋さんの講演会のことで終わり
そうです。
でも、本当にいいのです。

仕事をゲームとしてしまい、大安の日と晴天の日が稼ぎ時。
雨の日は内勤していたというのです。

晴耕雨読ではなですけど、大安と晴天の日が人は気分がいいか
ら、そういうときに営業をするというのです。
農業みたいですね。
自然の摂理に合わせた営業。

ちなみに契約が取れても契約日は「○○日は、お日柄がいいの
で、○○日にしましょう。」ってやるんだそうです。

こういうのに弱い日本人は結構いるんでしょうね。
うまいですね。



ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:09 | ロハスな働き方

企業は儲け過ぎないほうがいい?

ロハス(LOHAS)な企業論


企業は儲け過ぎないほうがいい?その1

私が企業について、以前から思っていたことがのっていること
が、あるメルマガの記事としてでていました。それは、「企業
は儲け過ぎないないほうが、持続可能だ」ということです。

=以下、メルマガより抜粋=
日本全国を旅した民俗学者、宮本常一が残したメッセージがあ
る。


「伊豆の修善寺へ行ったとき、そこの古い宿の主人たちと話していると、古いところは鎌倉時代から続いているという宿もあり、
とにかくあまり儲けすぎてはいけない、つぶれてしまうというのです。何百年も続いたのは、皆に親切にしてきたからだと。」

儲けすぎてはいけないという意識が、
日本の商売人には古くからあったという事に驚かされる。

それは企業の使命は儲けることにありとする
企業価値最大化、株主資本主義の考え方とは
あまりにも対極的である。

企業がどこに向かって動くべきか示すことが
経営者にますます強く求められる時代になっている
ように思えたのである。

出典メルマガ「007名古屋商法」より
http://www.mag2.com/m/0000116453.htm

=以上抜粋終わり=

儲けないと存続できない体質は持続可能な体質とはいえないで
すね。

→続く→

企業は儲け過ぎないほうがいい? その2

私はNPOのスタッフになる前は住宅メーカーの営業マンでし
た。
その会社は、ベンチャー企業で株式上場を目指し、日夜頑張っ
ていました。
私も社員の持ち株として、株をたくさん買い、上場した暁には
100倍だあ、と思って仕事に精をだしていたのです。
しかし、あえなく倒産。

しかし、わかっていたのです。
もし、うまく上場したとしても、果てしない売り上げUPの毎
日がまっていただけということが。
上場のために、売り上げUPをはかり、上場してからも売り上
げUPの日々が続くのです。

いつになったら、穏やかな幸せな日々がくるのでしょうか?

今の、企業理論では、仕事は大きくなっても、人は幸せになれ
ないと、つくづく感じました。

→続く→ 

企業は儲け過ぎないほうがいい? その3

住宅メーカーの営業マンだったときのことです。
住宅メーカーの営業マンといっても私は各家庭に営業して家を
売っていたわけではなく、全国の工務店を回って、自分の会社
のフランチャイズに参加させる営業をしていまいた。
加盟金300万円を払わせる仕事です。

あるときに、横浜の小さな工務店に行きました。
マンションの一室を事務所にしている、小さな工務店でした。
売り上げもたいしたことありません。

そこの社長といろいろと話をしていて、昼になったとき、社長
が「昼飯でも食べに行こう。」というのです。
そこで、ついていきますと、何と寿司屋。
しかも、社長の行きつけのようでした。
社長が「トロからな。」というとトロがでてきました。

私はびっくり。
当時、トロなんてほとんど食べたことなかったからです。
(すいません、いまでもほとんど食べたことありません。)

そうして私が「ここは社長さんの行きつけなんですか?」と聞
くと、「毎日、来てるよ。」と言うのです。
え〜、毎日?

話を聞くと、なんと昼は毎日のようにこの店で、寿司を食べて
いるのだそうです。
う〜、確かに、毎日ステーキよりは体にいいかもなあ???

驚きました。

しかし、この社長のびっくりはまだまだ続きました。

→続く→

企業は儲け過ぎないほうがいい? その4

横浜の小さな工務店の社長の話です。

この社長は毎日、昼は寿司を食べていたのです。しかも、ちゃ
んとした寿司屋で握ってもらう寿司です。

それだけではありませんでした。
伊豆に別荘をもっていたのです。
別荘をもっているだけなら驚くことはありません。
(いえいえ、驚きますね・・・)
だって、工務店の社長ですから、別荘くらい建てることは可能
かもしれません。

問題は、その別荘に、毎週週末には行くというのです。
毎週ですよ。
これは驚きました。
毎週、海の近くの別荘でバーベキューですからね。
うらやましい話です。

小さな工務店の社長がまさかそんな生活をしているとは思いま
せんでした。

しかし、驚きはまだまだ続くのでした。

→続く→

企業は儲け過ぎないほうがいい? その5

横浜の小さな工務店の社長の驚くべき日常と、企業は儲け過ぎ
ないほうがいいということは、関係あるのか?といわれそうで
すね。
もう少し待ってください。
関係ありますので。

この社長のさらにすごいところは、仕事は毎日5時までしかや
らないという点です。社員も一人でさぞかし、社長は忙しいの
だろうと思うのですが、それがなんと5時までしかやらないと
いうのです。
なんてことでしょうね。

そんな社長が言ったのです。

「うちは、バブルのときも、売り上げは変わらなかったぞ。」
バブルだからといって、仕事を増やさなかったというのです。
それで、20数年こうやってやってきたというのです。

これは、驚きでした。

バブルの時にがっぽり稼いでその余韻でゆったりと暮らしてい
たのかと思っていたので、全くその反対だったのです。
「バブルの時にも、仕事を増やさなかった。」
この判断こそ、寿司と別荘と5時という極楽の生活を営むもと
だったのです。

→続く→

企業は儲け過ぎないほうがいい? その6

横浜の小さな工務店の社長の話。
バブルの時でも、売り上げを増やそうとしなかった。
彼の家の売り方はパターンができていて、4件ならんで建つ、
建売住宅を年に2〜3回販売するだけなのだそうです。
それ以上はやらないのです。

それ以上はやらないから、5時で仕事が終わるのです。
それ以上はやらないから、少ない人数でやれるのです。
固定費もみごとに少なくなっているわけです。

ベンチャー企業の営業マンだった私は驚きましたね。
こんな働き方もあるんだと。

それ以来、私の仕事に対する考え方は大きくかわりました。
ほどほどで十分なんだと。
上場を狙う必要はないんだと。
がんがん働くだけでなく、人にとって幸せな働き方っていうの
はあるんだと。

このことに気がついた、数ヶ月後、私の会社は倒産したのです。

企業は儲け過ぎないほうがいいのです。
これは私の実感です。

=終わり=

*ご静聴ありがとうございました。






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:06 | ロハスな働き方

ロハスな働き方 目次

■ロハスなマイ事務所

 ・独立したら事務所がなく不便?とんでもありません。事務所がないこと  を、思い切り楽しんでいます。街中がマイ事務所です。最高ですね。



■つれづれ

 ・ロハスな働き方・生き方や、日常の思ったことなどを、つれづれに書きつづります。


Cut2007_0716_0955_38.jpg
  
























ロハス(LOHAS)の入り口へ〜





@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
posted by toko at 21:04 | ロハスな働き方

過労死 (1)(2)

ロハス(LOHAS)なつれづれ



先週の新聞に、「過労死」のことがでていました。

私も昨年、愛知県で行なわれた博覧会の仕事をしていたときは、
ひどいときは、週に3回泊まってました。

ホテル代がもったいないので、カプセルホテルでした。

でも、カプセルホテルでもいいほうです。
当時、一緒に働いていた若いスタッフは、事務所の床に寝てい
ましたからね。

カプセルホテルの回数券を買っていたのですが、全部使うと1
泊分が無料になるサービスがあり、それがうれしくて、早く1
0回にならないかと、思ったりしてたものです。

しかし、ストレスはなかったですね。
好きなことをやっていたので、嫌だーって感じはなかったです。
そういう面では、幸せでした。

■過労死2

私は10回くらい仕事を変わってきているのですが、どの仕事
のときも、「誰よりも早く事務所に入り、誰よりも遅く事務所
を出る」という感じの働き方でした。

朝早く行くのは、忙しいからではなく、早く行ってその日の仕
事の段取りをしたほうが気持ちにゆとりができてよかったから
です。
帰りが遅くなるのは、これは仕事が多かったからですけど。

だから、昨日の編集後記の続きになりますが、カプセルホテル
に泊まった次の日も、朝は一番に事務所にいました。

カプセルホテルは事務所の近くでしたので、泊まった次の日は
、むしろいつもり、早く事務所にいたものです。


ちなみに、東京に泊まりで出張したときも、次の日は朝一
番の新幹線で帰ってきて、やっぱり事務所に一番乗りをしてい
ました。

見事!






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 20:58 | ロハスな働き方

中学校のサッカー部の監督

ロハス(LOHAS)なつれづれ


私の秘密を話します。

いまサッカーのワールドカップが盛り上がってきていますが、
じつは、私はサッカーについてはすごいのです。

むかしむかし、中学校の教員だったとき、何とサッカー部の監
督として、全国大会に出場し、大宮のサッカー場に行ったこと
があるのです。

市の大会で勝ち、地区の大会で勝ち、県の大会で勝ち、東海大
会で勝手、やっと全国大会ですからね。

この年は大変な夏でした。

中学校のサッカー部の監督として全国大会に出場したのはそれ
だけでもすごいのですが、もっとすごいことがあります。

それは、監督の私がサッカーのど素人で、何と当時、オフサイ
ドの意味を知りませんでした。

オフサイドも知らない監督が率いているチームが全国大会にい
ったのです。

一番困ったのが、試合の時に負けると負けたチームの監督は次
の試合の審判をやらないといけないということでした。

これには参りました。

とにかく必死にやっていたのですが、あまりにひどいジャッジ
に途中で審判を交代させられたという、前代未門の大恥をかい
たことがあります。

ジャンジャン。

(でも、サッカーは好きですよ。奥の深さは嫌っていうほど、
体験しましたから。)








ロハス(LOHAS)の入り口へ〜


posted by toko at 20:56 | ロハスな働き方

メタボリック症候群

ロハス(LOHAS)なつれづれ


ついに、でましたね。
メタボリックシンドローム。
新聞で騒がれていましたね。
http://metabolic.jp/

怖いですねえ。
私もちょっとやばいかもしれません。

この対策は、ダイエットと食事だそうです。

でもねえ、これがわかっていてもできないんですよね。

最近は人に会うこともなく、もくもくとパソコンですから・・。
しかも、通勤っていうのもないわけですから。

独立して、運動不足が進み、
しかも、かつてはほとんど食べなかった昼ごはんも、家でしっ
かり食べるという悪循環(なんていったら怒られますけど)に
入っています。








ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 20:50 | ロハスな働き方

つれづれ:親父

ロハス(LOHAS)でつれづれ

今週は毎日、いろいろな人に会っています。

私は昨年の12月に独立してから、「AP無し、会議無し」の
仕事のやり方をしていましたので、ほとんど人に会っていませ
んでした。

独立してから、一番会うようになったのは、ケアハウスに住ん
でいる親父です。

親父の所は私の家から車で45分。
月に何回か遠くの病院に行くので、私が車で乗せて行っていま
す。
以前では考えられないことです。

これだけ考えても、独立してよかったあと思います。

「AP無し、会議無し」の生活は本当にいいですね。
大満足!

(たんに仕事が無いだけだ、ともいえますけど・・・。)






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 20:47 | ロハスな働き方

普通電車

ロハスなマイ事務所:普通電車


どこでも仕事のできる私ですが、なんといってもはかどるのが電車の中です。
なぜか、すごく集中できるのが自分でも不思議です。


電車


電車ですと短い区間の切符を買っておけば、あとは乗り放題。
一宮から豊橋まで往復したりしました。
名鉄電車はたまに、車掌が切符を拝見とくることがあるので、ちょっと落ち着きませんが、JRは大丈夫。

安心してゆったりと電車の中で仕事に専念できます。

快速とか特急ではすぐに着いてしまうので、仕事のために電車を利用する場合は、なんといっても普通に限ります。

のんびりと電車に揺られながら仕事をしていると、独立した幸せが胸にジーンと響いてくるのです。

普通電車は最高の事務所です!




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 20:35 | ロハスな働き方

市民センター

ロハスなマイ事務所:市民センターのロビー


自分でいうのもなんですが、私はどこでも仕事ができます。
ある日、たまにはちょっと変わった所がいいなあと思い、いろいろ考えた結果、市民センターのロビーのベンチで仕事をすることにしました。

市民センター

これは、なかなかいいものでした。
何といっても綺麗なのがよかった。
かなり集中して仕事ができました。

しかし、1時間くらいすると何となく市民センターの職員に見られているようで、それが気になりだし落ち着かなくなってきました。

このまま居座ろうか、それとも切り上げるかいろいろ考えましたが、やはり職員がこちらを意識しているような気がして、立ち去ることにしました。

写真のベンチの目の前が受付みたいなところだったのです。

せっかくはかどっていたのに残念でした。







ロハス(LOHAS)の入り口へ〜


posted by toko at 20:27 | ロハスな働き方

ロハスな事務所:スーパー

さすらいのマイ事務所 : スーパーの入り口編
今日は、晴れているのに寒い日だった。

おまけに、連休明けだったので、公共施設はお休みが多く、図書館も市役所の支所も休み。ついでに、美術館まで休み。

僕はどこで仕事をすればいいだよー。

そこで、思いついたのが、近所のスーパーの入り口の休憩所。

大きな木のベンチがあり、あまりり利用されていない。

スーパー入り口

さっそくそこで、ひと仕事。

これははかどったなあ。

木の机と木のベンチってのがいいねえ。

気分最高。

こんな机が家にも欲しいなあ。

それにこれだけ広いと、使い勝手が最高だね。

僕がここで仕事をしている間に、おばあさんのグループが一回だけ、お向かいに座ったきりで、あとはだれも座らなかった。

僕がいたせいかなあ・・・。

まあ、占領していたのは確かだけど。

スーパーのカートを整理するおじさんが、たくさんのカートを運びながら、何回か僕のほうを「こいつはなんか怪しいぞ」って顔で見ていった。

僕は怪しくないです。

まじめに、仕事をしているだけです。

それが怪しいのか。

すごくはかどったんだけど、結局、入り口のドアが開くたびに、冷たい空気が入ってきた、ジョジョに僕の体は冷えていき、1時間半くらいで限界になった。

寒い!

せっかく、すてきな木の机だったんだけど、店内に戻り体を温めてから、ここは引き上げることにした。

気に入った!




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜



posted by toko at 20:16 | ロハスな働き方

ロハスな働き方 目次

■ロハスなマイ事務所


■つれづれ

  
 ・ロハスな働き方・生き方や、日常の思ったことなどを、つれづれに書きつづります。

  (主に、メルマガの編集後記です)

































@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
posted by toko at 20:09 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)なスポーツとは????

ロハス(LOHAS)なスポーツ



ジーコジャパンのメンバーが決まりましたね。
こういう場合、誰を選んでも何か言われるんだろなあ。
厳しいなあ。

そして、結局は勝てばOKで、負ければ×。

スポーツは、夢を与えてくれるすばらしいものだけど、
最後は結果で決まるっていうところが「ロハス的」でないなあ
とちょこっと思ってしまいます。

「プロ」ですから、しかたないですけどね。

・パラリンピック(障害のある人)
・スペシャルオリンピックス(障害のある人)
・ネンリンピック(高齢者の人)

アマチュアのスポーツも夢と感動を与えてくれます。

でも、一番いいのは自分がスポーツすることかな・・・?






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:19 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)な瞬間:デパート

ロハス(LOHAS)な瞬間



昨日、朝から最高にいい気分になりました。

それは、ある百貨店に10時の開店と同時に入ったときです。

なんと、店員さんが開店直後は全員がフロアーを向いて、通る
人に「おはようございます。」と深々と頭を下げて挨拶をして
くれるのです。

これは快感でしたね。
本当に気分いいですよ。
用もないのにフロアーを歩き回って、頭を下げてもらう快感に
浸っていました。

ただし、開店直後の5分間だけです。
5分たつと、サーとフロアーから引いて店の奥のほうに
引っ込んでしまいます。

短い時間にできるだけたくさん歩きまわるのがコツですね。






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 08:15 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)な生き方:クリック募金

ロハス(LOHAS)な生き方

■クリック募金を広めたい


昨日は、忙しくて、デスクサイド募金だけで、クリック募金は
できませんでした。

クリックをするより、100円をちゃりんと入れるほうが簡単
ですね。
私の場合、毎日絶対にやるぞと、とは思っていないので、たま
に忘れることもあります。

忘れるというか、正確には、もう習慣になっていますので忘れ
ることはないのですが、時間が無い時は、意識的に「やらない」
ってことですね。

クリックをするのはほんのちょっとの時間ですけど、やっぱ
り、時間が無い時はできません。
そういう時は、無理にやりません。

忙しい時は、「デスクサイド募金」を!

こんな調子だったから、3年も続いているんだと思います。

このクリック募金やデスクサイド募金を「プチプチいいこと」
と呼んでいます。
(私が勝手に呼んでます)

この輪が広がればいいなあと思ってメルマガを書いています。







ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 10:05 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)な働き方:連休

ロハス(LOHAS)な働き方

■連休は??

明日から連休ですね。
いいなあ。
もしかしたら、今日も休みの方がいますよね。

私はここ数年、まともに連休を休んだことないです。
独立した今年も、どこにも行けそうにないです。

なんといっても、エコライフオフィス中部の活動がやっと始ま
ったばからいですから、やることがたくさんあります。

でも、仕事ばかりの連休ですが、そんなにストレスになるわけ
ではないです。

だって、好きなことをやっているわけですから。

でも、それも天気によりますね。
きれいに晴れると、やっぱり外にでかけたいなあと思います。

ですから、心の中で、連休中に雨が降ることをかすかに願って
います。

(うそです・・・・・・・・ちょっとほんとです。すいません。)







ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 10:02 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)な働き方:普通電車

ロハス(LOHAS)な働き方


■普通電車の喜び

フリーになったばかりの頃は、名古屋に行くことが多かったの
で(最近は家の周辺ばかりで、ほとんど行かなくなりましたけ
ど)、それまでと同じように電車に乗っていきました。

でも、それまでと少し違っていたのが、乗る電車が「快速」で
はなく「普通」になったということです。
「快速」に乗って急いで行く必要がないわけですから。

普通電車での通勤っていいですよ。
気にいりました。
なんといっても、必ず座れます。
しかも、名古屋までの45分間は、じつに充実して楽しい時間
です。

のんびり景色を眺めると、電車のまどから見える景色が朝日に
輝いていて「天国の景色ってこんな景色なんだろうなあ。」な
んて思ったりします。

そして、ちょっと落ち着いてから、手帳を開いてその日のやる
ことを「ゆっくり」チェック。
ゆっくりチェックしていると、いろんなアイディアもついでに
浮かんできます。

通勤電車の中が、独立する前には考えられないような、すてき
な時間になりました。
普通電車で名古屋に行くたびに、独立したことのありがたさを
感じています。

(そんなのんきなことを言ってて、生活費はどうするのかって
?その話は無しです。せっかく忘れているんですから!)






ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 09:58 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)な働き方:図書館

ロハス(LOHAS)な働き方

■メルマガのNO.2

ついに、NO.2がでました。
この原稿を書こうと思って図書館に行ったところ、なんと今日
は(24日のこと)月曜日。したがって実質的に最近は、私の
事務所となっている図書館は休みでした。
がっくり。
自分の事務所をもたずに「さすらいのマイ事務所」を実践して
る私にはつらい?現実でした。

*さすらいのマイ事務所については、サイトの日記をみてくだ
さい。HP:http://ecolife-office.seesaa.net/
悲しくも楽しい私の独立の記録として詳しく書いてあります。

でも、はっきり言って事務所は、思ったより必要ないですね。
パソコンと携帯と手帳があれば、結構どこでも仕事はできるこ
とがわかりました。
だったら、気持ちのいい所で仕事したほうがいいですよね。
独立してから今日までにいろんな所を「さすらいのマイ事務所」
として、仕事をしてきましたがこれは実に気持ちいいもんです。
私には向いてますね。

せっかく独立したんだから、事務所にもとらわれないでやって
いこうと思っています。
かっこいい!!
(って、思っているのは私だけかな・・・?)




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 09:52 | ロハスな働き方

ロハス(LOHAS)なメルマガより

ロハス(LOHAS)な働き方

■メルマガ:創刊号より


ついに記念すべき第1号を発行しました。前からやりたかった
んです。

今回、何と仕事を辞めてフリーになり、その初めの仕事?とし
てこのメルマガを発行することにしました。

現在、まだ、収入のあてはありません。
でも、収入の道を探るより、まずやりたかったことを始めるこ
とにしました。

いいことするって、気持ちいいですよね。
独立して食べていけるのかわからないですけど、そんな私にも
できる、ちょっとした地球にいいこと。

少なくても、私は毎日(たまに、忘れますけど)、クリックを
しています。
そして、「あ、ちょといいことしたなあ。」って、ちょこっと
だけいい気分になっています。

目標は、月〜金の毎日発行です。

できんのかな〜。




ロハス(LOHAS)の入り口へ〜
posted by toko at 09:38 | ロハスな働き方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。